株式会社プロテインクリスタル
2006年08月09日
プロテインビーズ®の特徴
タンパク質分子を乾燥から保護できるので特殊な保湿装置を必要とせず、常温での取り扱いが可能

タンパク質分子を熱から保護できるので変性を防止

プロテインビーズ®からタンパク質分子を従来法に比べて大幅に短縮して精製できるのでクイックレスポンスが可能

抗原タンパク質を固定化し、抗原抗体反応が検出できるので感染症やアレルギーの診断に使用可能

酵素タンパク質を固定化し、固定化酵素として利用できるので合成や治療に応用可能

固定化したタンパク質分子を用いて、タンパク質分子間相互作用を測定できるので新薬開発の大きな武器となる

固定化したサイトカインを用いて細胞の増殖と分化を制御できる ので再生医療への展開が可能


以上のような特徴を総合するとプロテインビーズ® はタンパク質分子からなる素子として利用可能であり、将来的にはタンパク質分子間相互作用を検出できるプロテインチップの開発も夢ではありません。

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています